Uncategorized

2019年03月08日

オフィスツアー

外観 エントランス 待合スペース   相談室 相談室 相談室 続きはこちら≫

2019年02月20日

【コラム】「離婚調停手続における弁護士の役割」弁護士法人i(東大阪法律事務所・大阪弁護士会所属弁護士)

  「離婚調停手続における弁護士の役割」   弁護士 森元鷹志 (東大阪法律事務所・大阪弁護士会所属)   離婚の手続の一つに、調停手続というものがあります。 調停手続は、あくまで話し合いの手続ですから、弁護士を付けずに行うことも可能ですし、実際にそうされている方もいらっしゃいます。「お金... 続きはこちら≫

2018年09月11日

離婚事件に弁護士を付ける

  離婚事件に弁護士を付ける   弁護士 市ノ木山朋矩 (奈良法律事務所・奈良弁護士会所属)   1 はじめに    最近は「離婚は珍しいことではない」と言われがちですが、珍しくないということは、いつ自分が離婚の当事者になるか分からないということです。一般的には、「結婚したのだから離婚した... 続きはこちら≫

2018年09月10日

よくある質問90 主人が会社社長をしていて会社の株式は主人が100パーセントもっています。この株式は財産分与対象となりますか。

ご質問   主人が会社社長をしていて会社の株式は主人が100パーセントもっています。 この株式は財産分与対象となりますか。 ご回答 なります。 自社株式の評価については、会社の決算書を調停にて出させる必要がありますが、自社株の価値を半分請求することができます。   続きはこちら≫

2018年08月15日

受験を控えた未成年者を考慮し早期離婚を成立させた事例 離婚等請求事件 女性(Xさん)   事情 相手方のモラルハラスメントにより、離婚を決めた事案です。 また、相手方の言動により、未成年者自身も相手方を忌避するようになっていました。 離婚を成立させるため、調停の申立を依頼すべく来所されました。  ... 続きはこちら≫

2018年08月14日

【解決事例・分類】自営業の解決事例

自営業の離婚・慰謝料問題 解決事例 ■ ①離婚②相手方請求の婚費と養育費より低い金額での合意を協議で成立させた事例(解決事例99) 続きはこちら≫

2018年07月13日

「財産分与に関する諸問題」弁護士法人i(本部東大阪法律事務所・大阪弁護士会所属弁護士)

  「財産分与に関する諸問題」   弁護士 齋藤貴英 (本部東大阪法律事務所・大阪弁護士会所属)   今回は,財産分与に関する法律相談において,よく質問がある事項について解説したいと思います。 1 財産分与の方法     財産分与は,当事者で合意ができない場合には,夫婦が婚姻時から別居時ま... 続きはこちら≫

2018年06月27日

【解決事例・分類】パート・アルバイトの離婚慰謝料問題 解決事例

パート・アルバイトの離婚問題 解決事例 ■ 養育費を支払わない夫の家計見直しを追求し支払わせることにできた事例(解決事例100) ■ 条件を調停や裁判の相場に比べて譲歩していることを客観的に示して離婚成立させた事例(解決事例98)     続きはこちら≫

2018年05月23日

よくある質問89 離婚を前提に別居前にしておくべきことはありますか。

ご質問   離婚を前提に別居前にしておくべきことはありますか。 ご回答 調停や裁判になった場合に,相手方が判断資料を提出しないことがあるため,別居前に相手方の財産関係の資料を確保しておく必要があります。 離婚の条件を決めるにあたって,養育費や婚姻費用の算定のために,相手方の収入が分かる書面として源泉徴収票又は... 続きはこちら≫

2018年05月23日

よくある質問88 モラハラを理由に離婚できますか。

ご質問   モラハラを理由に離婚できますか。 ご回答 婚姻を継続しがたい重大な事由があるものとして、離婚が認められる可能性があります。 可能であれば、暴言の内容を録音などで証拠化しておくことが望ましいです。   続きはこちら≫

 

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談。 まずはお問い合わせください。TEL:0120-115-456 受付時間:平日9:00~19:00 初回相談料0円 土曜日相談実施

メールでのご予約も受け付け中です。

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談。 まずはお問い合わせください。TEL:0120-115-456 受付時間:平日9:00~19:00 初回相談料0円 土曜日相談実施

メールご予約受付中