男性

2019年09月11日

慰謝料を請求された額より、下回った金額で合意ができた事例(解決事例123)

慰謝料を請求された額より、下回った金額で合意ができた事例 損害賠償請求事件 男性(Yさん)   事情  元交際相手(女性)の夫から,不貞慰謝料を請求されました。 結果  不貞行為の事実は認めた上で、依頼者以外にも関係をもった男性が複数いること、不貞行為が1度きりであること等を主張し、70万円で示談が成立しまし... 続きはこちら≫

2019年09月11日

不貞行為を理由に離婚した後、元妻の不貞相手に対する損害賠償請求が認められた事例(解決事例122)

不貞行為を理由に離婚した後、元妻の不貞相手に対する損害賠償請求が認められた事例 損害賠償請求事件 男性(Yさん)   事情  元妻の不貞行為を理由に離婚。その後、約3年が経った時点で、元妻の不貞相手に対して損害賠償を請求しました。 結果  訴訟上の和解により、60万円を、5万円ずつ12回に分割して支払われる内... 続きはこちら≫

2019年08月28日

依頼から2週間で離婚が成立し、親権獲得および相手方への財産分与なしで合意が得られた事例(解決事例121)

依頼から2週間で離婚が成立し、親権獲得および相手方への財産分与なしで合意が得られた事例 離婚等請求事件 男性(Yさん)   事情  妻が、自宅マンションに男性を連れ込んでいることが発覚し、離婚の相談をすべく、来所された。 結果  相手方との離婚交渉についてご依頼をうけたところ、依頼から2週間で、親権獲得の上、... 続きはこちら≫

2019年08月21日

離婚届と離婚合意書を作成し、早期に協議をまとめた事例(解決事例120)

離婚届と離婚合意書を作成し、早期に協議をまとめた事例 離婚等請求事件 男性(Yさん)   事情  依頼者は、自宅での冷え切った夫婦関係を精算したいと考えていました。このような中で、一番下の子どもにも子が生まれたことをきっかけに、離婚して第二の人生を始めようと考えました。依頼者は、妻のことをとても怖いと感じてお... 続きはこちら≫

2019年07月24日

財産分与について特有財産の主張を認めさせ、相手方の請求金額から大幅に減額した事例(解決事例119)

財産分与について特有財産の主張を認めさせ、相手方の請求金額から大幅に減額した事例 離婚等請求事件 男性(Yさん)   事情  別居して3年が経過していたが、相手方が離婚に応じなかったため、弁護士が介入して調停離婚を成立させた事例です。別件で弊事務所に依頼していたことがあり、引き続きご依頼いただきました。 結果... 続きはこちら≫

2019年06月12日

離婚のみを請求された訴訟で、破綻を否定する主張立証を行った事例(解決事例117)

離婚のみを請求された訴訟で、破綻を否定する主張立証を行った事例 離婚等請求事件 男性(Yさん)   事情  依頼者は妻から離婚訴訟を提起されました。別居期間が5年を超えていたことから、夫婦関係の破綻が認定される可能性が非常に高い事案でしたが、依頼者の意向により、できる限りの主張をしようということでご依頼いただ... 続きはこちら≫

2019年06月12日

不貞が原因で離婚を求められた事例(解決事例116)

不貞が原因で離婚を求められた事例 離婚等請求事件 男性(Yさん)   事情  依頼者は,自らの不貞行為が原因で妻と子が別居し,離婚調停を申し立てられたところ,相手方に弁護士が就いていたこともあり,調停での対応が分からず,ご相談に来られました。 結果  慰謝料については,不貞行為時に夫婦関係が冷え切っていたこと... 続きはこちら≫

2019年06月05日

婚姻費用について調整しつつも、相手方請求額から大幅に減額させた事例(解決事例115)

婚姻費用について調整しつつも、相手方請求額から大幅に減額させた事例 離婚等請求事件 男性(Yさん)   事情 相手方との離婚を考えているが、相手方にそのつもりは全くなかったため、自身で交渉することは困難と考え、相談に来られました。 結果 離婚については、相手方が離婚しないとの意思が固く、当面の間は別居して生活... 続きはこちら≫

2019年05月22日

父親が子2人の監護者に指定された事例(解決事例111)

父親が子2人の監護者に指定された事例 子の監護者指定・子の引き渡し事件 男性(Xさん)   事情 ご依頼者様には、妻と、4歳の長男、2歳の長女がいましたが、ある日、妻が長女を連れて出て行ったまま帰宅しないということがありました。この段階で初回のご相談をいただきましたが、ご依頼者様は子2人の親権・監護権を取得し... 続きはこちら≫

2019年05月15日

相手方が離婚に反対し、財産分与を求めてきたが、互いに財産分与をしないとの条件で離婚が成立した事例(解決事例110)

相手方が離婚に反対し、財産分与を求めてきたが、互いに財産分与をしないとの条件で離婚が成立した事例 離婚等請求事件 男性(Xさん)   事情 相談者(Xさん)は、2002年にYさんと結婚し、2人の子供に恵まれました。もっとも、XさんとYさんは、2015年に、性格の不一致を理由に、Xさんが自宅を出る形で別居するに... 続きはこちら≫

 

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談。 まずはお問い合わせください。TEL:0120-115-456 受付時間:平日9:00~19:00 初回相談料0円 土曜日相談実施

メールでのご予約も受け付け中です。

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談。 まずはお問い合わせください。TEL:0120-115-456 受付時間:平日9:00~19:00 初回相談料0円 土曜日相談実施

メールご予約受付中