男性

2019年10月23日

性的暴行について高額な示談金を獲得した事例(解決事例129)

性的暴行について高額な示談金を獲得した事例 損害賠償請求被告事件 男性(Kさん)   事情  2018年8月ころ、交際相手を別れ際の喧嘩で転倒させたことにより、2019年3月になって検察官にアドバイスされたとして相談にこられた。 検察官は略式を検討しているが、弁護士に頼んだらという示談での解決をすすめるような... 続きはこちら≫

2019年10月16日

贈与を受けた自社株の婚姻期間中の価値増加分について分与対象外とした事例(解決事例128)

贈与を受けた自社株の婚姻期間中の価値増加分について分与対象外とした事例 財産分与・慰謝料調停事件 男性(Sさん)   事情  会社経営者である依頼者が、別れた元妻から財産分与に加えて、多額の慰謝料請求をされたため、相談に来られました。 結果  相手方は請求として、慰謝料を450万に加え、財産分与では会社関係の... 続きはこちら≫

2019年10月09日

弁護士が表に立たずに後方支援をしたことで,早期に親権の獲得と離婚をすることができた事例(解決事例127)

弁護士が表に立たずに後方支援をしたことで,早期に親権の獲得と離婚をすることができた事例 離婚協議事件 男性(Bさん)   事情  親権を取得したいものの,離婚協議の進め方について悩み,相談に来られました。妻から子2人を連れて別居離婚することを伝えられたが,片方の子の親権を取得したいとして,ご相談をいただきまし... 続きはこちら≫

2019年09月18日

弁護士が訴訟において、一銭も支払うことなく全面勝訴することができた事例(解決事例125)

弁護士が訴訟において、一銭も支払うことなく全面勝訴することができた事例 損害賠償請求事件 男性(Yさん)   事情  Yさんは妻が居ることを騙していたわけではなく、請求金額も1000万円と法外な金額の請求だったので驚いて相談に来られました。Yさんは妻子有るにも関わらず、Xさんと交際関係になり、男女関係になりま... 続きはこちら≫

2019年09月18日

弁護士が調停において、丹念に否定する主張をして減額に成功した事例(解決事例124)

弁護士が調停において、丹念に否定する主張をして減額に成功した事例 損害賠償請求事件 男性(Aさん)   事情  Aさんは無論悪かったという気持ちがあったものの、B子さんが請求する金額が法外であったために相談に来られました。AさんはB子さんと婚姻を約束して結納を交わしました。しかし、AさんがどうしてもB子さんを... 続きはこちら≫

2019年09月11日

慰謝料を請求された額より、下回った金額で合意ができた事例(解決事例123)

慰謝料を請求された額より、下回った金額で合意ができた事例 損害賠償請求事件 男性(Yさん)   事情  元交際相手(女性)の夫から,不貞慰謝料を請求されました。 結果  不貞行為の事実は認めた上で、依頼者以外にも関係をもった男性が複数いること、不貞行為が1度きりであること等を主張し、70万円で示談が成立しまし... 続きはこちら≫

2019年09月11日

不貞行為を理由に離婚した後、元妻の不貞相手に対する損害賠償請求が認められた事例(解決事例122)

不貞行為を理由に離婚した後、元妻の不貞相手に対する損害賠償請求が認められた事例 損害賠償請求事件 男性(Yさん)   事情  元妻の不貞行為を理由に離婚。その後、約3年が経った時点で、元妻の不貞相手に対して損害賠償を請求しました。 結果  訴訟上の和解により、60万円を、5万円ずつ12回に分割して支払われる内... 続きはこちら≫

2019年08月28日

依頼から2週間で離婚が成立し、親権獲得および相手方への財産分与なしで合意が得られた事例(解決事例121)

依頼から2週間で離婚が成立し、親権獲得および相手方への財産分与なしで合意が得られた事例 離婚等請求事件 男性(Yさん)   事情  妻が、自宅マンションに男性を連れ込んでいることが発覚し、離婚の相談をすべく、来所された。 結果  相手方との離婚交渉についてご依頼をうけたところ、依頼から2週間で、親権獲得の上、... 続きはこちら≫

2019年08月21日

離婚届と離婚合意書を作成し、早期に協議をまとめた事例(解決事例120)

離婚届と離婚合意書を作成し、早期に協議をまとめた事例 離婚等請求事件 男性(Yさん)   事情  依頼者は、自宅での冷え切った夫婦関係を精算したいと考えていました。このような中で、一番下の子どもにも子が生まれたことをきっかけに、離婚して第二の人生を始めようと考えました。依頼者は、妻のことをとても怖いと感じてお... 続きはこちら≫

2019年07月24日

財産分与について特有財産の主張を認めさせ、相手方の請求金額から大幅に減額した事例(解決事例119)

財産分与について特有財産の主張を認めさせ、相手方の請求金額から大幅に減額した事例 離婚等請求事件 男性(Yさん)   事情  別居して3年が経過していたが、相手方が離婚に応じなかったため、弁護士が介入して調停離婚を成立させた事例です。別件で弊事務所に依頼していたことがあり、引き続きご依頼いただきました。 結果... 続きはこちら≫

 

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談。 まずはお問い合わせください。TEL:0120-115-456 受付時間:平日9:00~19:00 初回相談料0円 土曜日相談実施

メールでのご予約も受け付け中です。

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談。 まずはお問い合わせください。TEL:0120-115-456 受付時間:平日9:00~19:00 初回相談料0円 土曜日相談実施

メールご予約受付中