調停で相手方より法外な請求をされたものを減額した事例(解決事例20)

調停で相手方より法外な請求をされたものを減額した事例

  依頼者:男性(相談時55歳、Tさん)  

事情

  ある日、妻が性格の不一致を理由に出て行ってしまい、離婚と婚姻費用、子(16歳)の親権についての調停を申し立ててきました。 Tさんは、調停にどのように対応していいのかわからず、当事務所に相談に来られました。  

結果

  Tさん自身が調停の対応をし、弁護士は調停に出席せず、調停の前後に依頼者に対してアドバイスすることになりました(3ヶ月の継続相談サポート)。 相手方は当初法外な婚姻費用額を請求していましたが、Tさんが弁護士のアドバイスに基づく反論をしたことで、大きく減額されました。また、親権についても子が15歳以上(16歳)であったため、子の意思が尊重され、Tさんが得ることができました。 Tさんは、弁護士費用の工面が困難であったことから、調停期日の前後に面談をしてアドバイスを受けることで、Tさん自身が有利に調停を進めることができました。結果、比較的安価で有利な結論を収めることができました。

弁護士のサポート内容

継続離婚サポートプラン(3ヶ月)  

 

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談。 まずはお問い合わせください。TEL:0120-115-456 受付時間:平日9:00~19:00 初回相談料0円 土曜日相談実施

メールでのご予約も受け付け中です。

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談。 まずはお問い合わせください。TEL:0120-115-456 受付時間:平日9:00~19:00 初回相談料0円 土曜日相談実施

メールご予約受付中