浮気・不倫した

2019年06月12日

不貞が原因で離婚を求められた事例(解決事例116)

不貞が原因で離婚を求められた事例 離婚等請求事件 男性(Yさん)   事情  依頼者は,自らの不貞行為が原因で妻と子が別居し,離婚調停を申し立てられたところ,相手方に弁護士が就いていたこともあり,調停での対応が分からず,ご相談に来られました。 結果  慰謝料については,不貞行為時に夫婦関係が冷え切っていたこと... 続きはこちら≫

2018年06月20日

元夫も過去に不貞行為を行っていたことを指摘し280万円の減額にて示談成立させた事例(解決事例96)

元夫も過去に不貞行為を行っていたことを指摘し280万円の減額にて示談成立させた事例 慰謝料請求被告事件 女性(Xさん)   事情 相談者(Xさん)は、夫との夫婦関係の悩みを職場の男性に相談するうちに、 その男性に惹かれ、平成29年5月頃より不貞関係となりました。 Xさんは、平成29年9月に夫(Yさん)と離婚す... 続きはこちら≫

2018年05月17日

2度目の不貞行為発覚による慰謝料請求を150万円減額できた事例(解決事例95)

2度目の不貞行為発覚による慰謝料請求を150万円減額できた事例 慰謝料請求被告事件 男性(Xさん)   事情 Xさんは、平成28年7月に、既婚の女性と会っていたことが、女性の夫(Yさん)に知れることになり、100万円の慰謝料を請求され、示談書にサインをしてしまいました。 その後も、当該女性と会い、肉体関係を持... 続きはこちら≫

2018年05月17日

不貞の証拠を全て渡した状態から、200万円の減額で示談成立できた事例(解決事例94)

不貞の証拠を全て渡した状態から、200万円の減額で示談成立できた事例 慰謝料請求被告事件 男性(Xさん)   事情 Xさんは,相談前に相手方に不貞を認めて謝れば許すと言われ,LINEの履歴を全て相手方に渡してしまったことや,相手方が代理人をつけたことで,対等な交渉ができないと考えてご相談に来られました。... 続きはこちら≫

2017年07月26日

10年以上前の不貞行為への慰謝料請求に対し減額が認められ和解成立した事例(解決事例75)

10年以上前の不貞行為への慰謝料請求に対し減額が認められ和解成立した事例 損害賠償請求被告事件 女性(Yさん)   事情  Yさんは、10年以上前に既婚男性と不貞行為を行ったことに対し、その事実を相手方男性から聞いて知った男性の妻より 慰謝料として100万円を請求する旨の通知を受け取りました。  Yさんとして... 続きはこちら≫

2017年07月12日

訴訟提起意向の相手方と100万円の減額及び書面上の謝罪で示談成立できた事例(解決事例74)

訴訟提起意向の相手方と100万円の減額及び書面上の謝罪で示談成立できた事例 慰謝料請求被告事件 男性(Yさん)   事情  Yさんは、友人の配偶者から不貞行為を疑われ、相手方の代理人弁護士から慰謝料の支払いを求める内容証明通知が届いたため、 当事務所にご来所されました。   結果  400万円の支払... 続きはこちら≫

2017年06月07日

不貞相手の既婚男性が積極的であったことから500万円の減額にて示談できた事例(解決事例71)

不貞相手の既婚男性が積極的であったことから500万円の減額にて示談できた事例 損害賠償請求被告事件 女性(Xさん)   事情  Xさんは、会社の上司と不貞関係をもったところ、 上司の妻の代理人から 600万円 の損害賠償を請求する旨の 内容証明が届いたことをきっかけに来所されました。   結果  相... 続きはこちら≫

2017年02月17日

訴訟における粘り強い金額交渉により370万円の減額を得られた事例(解決事例65)

訴訟における粘り強い金額交渉により370万円の減額を得られた事例 損害賠償請求(不貞行為)被告事件 女性(Xさん)   事情  相談者(Xさん)は,不貞行為の相手方である男性の妻から, 夫婦の離婚訴訟の手続に併合される形で慰謝料請求訴訟をされました。 Xさんは,交際していた相手方の男性が妻帯者であることは知っ... 続きはこちら≫

2016年10月19日

証拠固めなど訴訟の備えをしっかり行い半額で和解成立した事例(解決事例62)

証拠固めなど訴訟の備えをしっかり行い半額で和解成立した事例 慰謝料請求被告事件 女性(Xさん)   事情  依頼者(Xさん)は、職場の同僚男性との不貞行為が男性の妻に知られてしまい、妻の弁護士より慰謝料請求の書面が届いたため、当事務所にご相談にいらっしゃいました。  当方も代理人として就任し、相手方代理人弁護... 続きはこちら≫

2016年09月28日

150万円の減額・解決金という形の結果を得られた事例(解決事例61)

150万円の減額・解決金という形の結果を得られた事例 慰謝料請求被告事件 女性(Xさん)   事情  相談者(Xさん)は、ダンス教室で知り合った既婚男性と、約1年半、不適切な関係を続けていたところ、 男性の妻側の代理人弁護士から慰謝料請求をする旨の内容証明郵便が届いた為、交渉等を任せたいとご依頼いただきました... 続きはこちら≫

 

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談。 まずはお問い合わせください。TEL:0120-115-456 受付時間:平日9:00~19:00 初回相談料0円 土曜日相談実施

メールでのご予約も受け付け中です。

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談。 まずはお問い合わせください。TEL:0120-115-456 受付時間:平日9:00~19:00 初回相談料0円 土曜日相談実施

メールご予約受付中