浮気・不倫した

2022年04月20日

不貞慰謝料を請求されたが、3分の1以下に減額できた事例(事例185)

不貞慰謝料を請求されたが、3分の1以下に減額できた事例 損害賠償請求事件 女性   事情 依頼者は、既婚男性と交際していたところ、その男性の妻から不貞を理由に500万円から請求されました。 ご自身では対応出来ないとして、弊事務所にご相談に来られました。   結果 相手方と交渉し、150万円と支払うと... 続きはこちら≫

2021年10月20日

不貞行為による慰謝料を請求された事案で、弁護士の介入により大幅な減額ができた事案(事例177)

不貞行為による慰謝料を請求された事案で、弁護士の介入により大幅な減額ができた事案 損害賠償請求 女性   事情 交際していた相手が、交際期間中に別の人と結婚した。ある日、交際相手から、結婚していたことを告げられたが、その後も交際を続けてしまった。   すると、その後、交際相手の妻から弁護士を通して損... 続きはこちら≫

2021年04月28日

不貞被害者側からの執拗なメールへの対応に弁護士が介入し、不貞加害者の精神的負担を軽減した事例(解決事例154)

不貞被害者からの執拗なメールへの対応に弁護士が介入し、不貞加害者の精神的負担を軽減した事例(解決事例154) 損害賠償請求事件 女性(Xさん)   事情 相談者(Xさん)は、職場の同僚と不倫関係となり、このことが夫(Yさん)に知られることとなり、Yさんから560万円の慰謝料を請求されました。   ま... 続きはこちら≫

2021年04月14日

有責配偶者を弁護士が継続的にサポートした結果、精神的に安定して物事を進められた事例(解決事例152)

有責配偶者を弁護士が継続的にサポートした結果、精神的に安定して物事を進められた事例 継続相談サポート 女性(Xさん)   事情 相談者(Xさん)は、夫(Yさん)の同僚と不倫関係となり、そのことがYさんと知られることとなりました。   Yさんは、そのことで激情的となり、Xさんに暴力は振るわなかったもの... 続きはこちら≫

2020年04月17日

不貞慰謝料の請求額を3分の1に減額できた事例(解決事例140)

不貞慰謝料の請求額を3分の1に減額できた事例 慰謝料請求事件 男性(Jさん) 事情  依頼者が会社の元同僚女性と不倫関係となり、その女性の夫が依頼者に対し、慰謝料請求する旨の内容証明郵便を弁護士を通じて送ってきました。請求される金額が高額であること、どのように相手と交渉すればよいか分からないことから、相手代理人弁護士と... 続きはこちら≫

2020年04月17日

不貞した妻側だが子供の親権養育費を獲得し、慰謝料請求300万円を退けた事例(解決事例139)

不貞した妻側だが子供の親権養育費を獲得し、慰謝料請求300万円を退けた事例 離婚請求事件 女性(Aさん) 事情  Aさんは生活費不足のためにラウンジでアルバイトを始め、そこで知り合ったお客と不貞関係になりました。配偶者BさんはAさんの不貞を知って一度は許し、やり直しましたがやはり遺恨が残り、結局離婚協議することになりま... 続きはこちら≫

2019年09月18日

弁護士が訴訟において、一銭も支払うことなく全面勝訴することができた事例(解決事例125)

弁護士が訴訟において、一銭も支払うことなく全面勝訴することができた事例 損害賠償請求事件 男性(Yさん)   事情  Yさんは妻が居ることを騙していたわけではなく、請求金額も1000万円と法外な金額の請求だったので驚いて相談に来られました。Yさんは妻子有るにも関わらず、Xさんと交際関係になり、男女関係になりま... 続きはこちら≫

2019年06月12日

不貞が原因で離婚を求められた事例(解決事例116)

不貞が原因で離婚を求められた事例 離婚等請求事件 男性(Yさん)   事情  依頼者は,自らの不貞行為が原因で妻と子が別居し,離婚調停を申し立てられたところ,相手方に弁護士が就いていたこともあり,調停での対応が分からず,ご相談に来られました。 結果  慰謝料については,不貞行為時に夫婦関係が冷え切っていたこと... 続きはこちら≫

2018年06月20日

元夫も過去に不貞行為を行っていたことを指摘し280万円の減額にて示談成立させた事例(解決事例96)

元夫も過去に不貞行為を行っていたことを指摘し280万円の減額にて示談成立させた事例 慰謝料請求被告事件 女性(Xさん)   事情 相談者(Xさん)は、夫との夫婦関係の悩みを職場の男性に相談するうちに、 その男性に惹かれ、平成29年5月頃より不貞関係となりました。 Xさんは、平成29年9月に夫(Yさん)と離婚す... 続きはこちら≫

2018年05月17日

2度目の不貞行為発覚による慰謝料請求を150万円減額できた事例(解決事例95)

2度目の不貞行為発覚による慰謝料請求を150万円減額できた事例 慰謝料請求被告事件 男性(Xさん)   事情 Xさんは、平成28年7月に、既婚の女性と会っていたことが、女性の夫(Yさん)に知れることになり、100万円の慰謝料を請求され、示談書にサインをしてしまいました。 その後も、当該女性と会い、肉体関係を持... 続きはこちら≫

 

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談。 まずはお問い合わせください。TEL:0120-115-456 受付時間:平日9:00~19:00 初回相談料0円 土曜日相談実施

メールでのご予約も受け付け中です。

離婚・慰謝料・財産分与の無料相談。 まずはお問い合わせください。TEL:0120-115-456 受付時間:平日9:00~19:00 初回相談料0円 土曜日相談実施

メールご予約受付中